プロフィール

1962年 奈良県生まれ。5歳より東儀祐二に師事。
      高校在学中、ジョセフ・フックスのアシスタントであった
              藤原浜雄氏に見出され渡米。
 
1981年 高校卒業後、ニューヨーク・ジュリアード音楽院入学
      ハイフェッツやミルシテイン、エルマンなど弦楽器奏者黄金期の中の
              偉大なヴァイオリニスト:ジョセフ・フックス教授の門下生となる。
      同時に、ヴィオラをジョセフ・フックス、リリアン・フックスに師事。 
      室内楽をロバート・マン、ジョエル・クロズニック、ジョエル・シンメルノフ、
      サミュエル・ローズらジュリアード弦楽四重奏団団員のほか、
      ウィリアム・リンサー(N.Yフィル首席ヴィオリスト)、ハーヴィー・シャピロー
             (NBC交響楽団首席チェリスト、プリムローズカルテットチェリスト)、
      ジェンス・ナイガード(ジュピターシンフォニー管弦楽団指揮者)に師事。
      また、オーケストラにてズービン・メータ、レナード・スラットキン、
     ゲオルグ・ショルティ、スクロバチェフスキー、ポール・ズコフスキー
     らの指導を受ける。
      学生時代から、ジェンス・ナイガード率いるジュピターシンフォニーなどの
      オーケストラやニュー ヨークのジャズシーンなどでも活躍。
  
1988年 ニューヨーク・ジュリアード音楽院修士課程修了
      パルナッソス四重奏団を結成し、ニューヨークを中心に室内楽の
      演奏活動を行い、ロックバンド:ローリング・ストーンズらのクラブ
      パーティーにも招聘される。MG4(マンハッタン・グラフィティ4)の
      レコーディングおよびツアーに参加。

1988~1995年 ジュリアード音楽院にて、ジョセフ・フックス教授の助手に就任

1988年 アルフレッド大学夏期室内楽講習講師、
     ホフ・ベテルソン音楽学校講師に就任。
      
1996年 ニューヨーク・カーネギー・ワイル・リサイタルホールにてリサイタル
      南米コロンビア共和国カリ市シマール夏期音楽祭に招聘。
 
1996年 帰国。これまで、北米、南米、上海、東京、大阪、神戸など
      各地でリサイタルを開催。
1997~1999年 コロンビア共和国にて演奏ツアーや講習会を行う。
 
2007年 コロンビア共和国カリ市にて、ユージン・シトロキン指揮、
       オルケスタ・フィラモニカデルヴァリエと、J.S.バッハ:
       ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番を独奏、大成功を収める。
 
2008~2011年 ゲルハルト・ボッセ氏に師事。
  
1992年より関西にてラ・ストラーダ弦楽アンサンブルを結成し、
コンサートマスターを務める。
NHK-FMリサイタルに出演。
フォークグループ「紙ふうせん」の公演にストリングスで参加。

 

ヴァイオリン協奏曲を、ジュピター・シンフォニー(NY)、

シマール音楽祭フェスティバルオーケストラ、大阪フィルハーモニー交響楽団・

大阪センチュリー交響楽団などと共演。 

 

東京シティフィルハーモニック管弦楽団、大阪シンフォニカー交響楽団、

神戸市室内合奏団、関西フィルハーモニー管弦楽団などで

ゲストコンサートマスターを務める。

 
信念に基づく独自の演奏や人間の情緒に深く根ざした豊かな表現力、
作品の持つリズムを大切に様々な演奏活動を展開し、
特に、巨匠時代の名演を愛する音楽ファンから高い評価を得るとともに、
乳幼児やクラシックを初めて聴く人にも非常に好評を博している。